くいしんぼうなまえかけ作家の日記

オリジナルまえかけのお店yumizuの店主の日記です。

制作終了

まえかけというキャンバスの上で自由に遊んだような一ヶ月半でした。
一点物の制作を開始した当初に、
今回の個展でお世話になるギャラリー栂の栂さんが
岡山からはるばるお越し下さいました。
私を取材していただくのが目的とのことでしたが、
実際は私を励まし、もっとやれやれ!と
背中を押すために来て下さったのだと理解しています。
(取材していただいた様子は、
ギャラリー栂のホームページのギャラリー日記でご覧いただけます。
http://gallerytoga.web.fc2.com/
それからの私は、頭を空っぽにして、
思いつくままにひたすら手を動かす日々でした。
生みの苦しみもありましたが、
それはそれは楽しい日々でした。
できあがったのはたったの15点で、
まだまだアイデアはあるのですが残念ながらタイムアップ。明後日の3月5日から、
ギャラリー栂にて皆様のお越しをお待ちしています。

f:id:zumiyu:20190303214654j:plain

f:id:zumiyu:20190303214725p:plain




フエルト化

ニットを縮めてフエルト化。
編み物好きの母は今年84歳。
さすがに昔ほどには編めなくなりましたが、今でも編む手は止めません。
母が編んでくれたセーターは毛玉ができてボロボロになっても捨てることができず、
熱いお湯で縮めてフェルト化してバッグやマットにリメイクします。
今回はまえかけ用に新しく編んでもらったものをフェルト化してポケットにしました。

3月5日からギャラリー栂でご覧くださいませ。

f:id:zumiyu:20190302132726j:plain



青い馬

相棒の陶芸家 青馬窯の銭本眞理さんの青い器にインスパイアされて、
彼女が作る美しいテクスチャを私なりに布で表現してみました。
布を2枚重ねてミシンでダダダダダダダーーーっとしたり、
裂いたり、ほどいたりしました。
3月5日から、ギャラリー栂にて、
銭本さんの器とともにご覧くださいませ。

f:id:zumiyu:20190301150440j:plain

f:id:zumiyu:20190301150538j:plain

f:id:zumiyu:20190301150632j:plain

f:id:zumiyu:20190301150723j:plain

 

ラオス

北摂にあるSHOKUは、ラオスで栽培された草木で染められた糸を
ラオスで手紡ぎ、手織りしてオリジナルの美しい布を作るメーカーさんです。
ラオスの布のやわらかな風合いが伝わるよう、美しい縞が映えるよう、
極力シンプルなまえかけに仕立てました。
9年前にSHOKUの方にラオスの機織りの工房に連れて行っていただいたのが懐かしいです。

3月5日から、ギャラリー栂にてラオスの布に触れてください。

f:id:zumiyu:20190228130645j:plain



曲線

曲線。
私にとってなかなか超えられない高いハードルでしたが、
縫製スタップの励ましと協力を得て、今回はがんばってみました。
千里で育ったせいか、できあがったものは
意図せずなんとなく太陽の塔っぽいです(笑)

f:id:zumiyu:20190228130233j:plain

生地を贅沢に使い、身頃と紐が一体化したデザインです。
後ろできゅっと縛って締めると、
太陽の塔にはみえません(笑)

f:id:zumiyu:20190228130321j:plain

同じ型紙で2色の布を裁断し、気まぐれにハサミでバッサリ2分割。
それぞれを互い違いに組み合わせると2色使いのまえかけが2枚できあがる仕組みです。
色を切りかえる場所を変えるとまた違った印象のものができますね。
3月5日からギャラリー栂で2枚並べて展示します。

f:id:zumiyu:20190228130441j:plain

フリークロス

ミニサイズのフリークロスを作りました。
60㎝×60㎝はなかなか便利なサイズです。スカーフとして首に巻いたり、
お弁当を包んだり、クッションカバーに仕立てたり、
赤ちゃんお誕生のお祝いにプレゼントしたり。

長い紐を一本付けてありますが、必要ないなら切っちゃってください(笑)
3月5日からのギャラリー栂での個展では10枚限りです。

f:id:zumiyu:20190228125546j:plain

f:id:zumiyu:20190228125619j:plain

f:id:zumiyu:20190228125650j:plain

f:id:zumiyu:20190228125722j:plain

f:id:zumiyu:20190228125757j:plain

f:id:zumiyu:20190228125812j:plain

ボタン

卵色の薄手のリネンを二重に重ねてまえかけを作り、
両端にボタンを200個ほど縫い付けました。
着けて歩くと、チラチラっと控えめな輝きを放ちます。
ボタンをひとつひとつ手でつける作業は楽しいものでした。
3月5日からギャラリー栂にてご覧ください。


f:id:zumiyu:20190228124535p:plain

f:id:zumiyu:20190228124607j:plain